[PR] ペット販売 看護学と国際化 | ある“遅咲き”男の看護学
● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●リンク
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

05
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< | 2 / 3 pages | >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
外国人看護師の受け皿組織が今年できる
 さっそくそんな動きになったのですね。決まれば早いって感じですが、もちろん構想はもっとずっと前からあったのでしょうね。
続きを読む >>
看護学と国際化00:23comments(1)trackbacks(0)
tape
「フィリピン人看護師の日本参入」の続報
 外国人労働者を国内に入れるというのは、やっぱり問題がいろいろあるんですね。目の前の労働力不足だけではないようです。
続きを読む >>
看護学と国際化22:00 | - | - |
tape
あくまで自由化への手は緩めない
 例の外国人看護師の参入の件で、また奥田先生のご発言です。確かに人数制限についてはっきりした決まりができていないのは、まだまだ実現の日は遠いという印象を持たせますね。
続きを読む >>
看護学と国際化20:56comments(0)trackbacks(0)
tape
日比FTA、看護師受入数など先送り
 これはまあ予定通りの動きに過ぎないわけですが、一応控えておきましょう。
続きを読む >>
看護学と国際化01:15comments(0)trackbacks(0)
tape
FTAは陣取り合戦だ
 そりゃ当たり前の話なんですけど。でもどうしても、日本国内だけしか眼中にない人には、身近な問題にはならないようなのです。
続きを読む >>
看護学と国際化23:46comments(0)trackbacks(0)
tape
フィリピンの看護師のレベル
 この記事によると、フィリピンの看護教育は、その基準をアメリカに拠っているようです。
続きを読む >>
看護学と国際化01:57comments(4)trackbacks(1)
tape
看護師の道はさらに開ける
 確かに理屈としてはそうなんですけど、これはそれなりの環境になって、しかも努力して結果も出した人だけの話ですよね。これまで通りのような、就職の際に一度だけ頑張った財産を、定年までずっと保ち続けるような既得権益プンプンってものじゃないでしょう。
続きを読む >>
看護学と国際化00:07comments(0)trackbacks(0)
tape
フィリピンから来る看護師のお話の続き
 まだまだ情報の垂れ流しのような状態が続いていますね。
続きを読む >>
看護学と国際化11:23comments(0)trackbacks(0)
tape
看護師の国際性ってか
 それは確かに、ないよりはあった方がいいに決まってます。でも、そういう余裕がない人ばっかしじゃないでしょうか。
続きを読む >>
看護学と国際化22:34comments(0)trackbacks(0)
tape
外国人看護師の日本参入という物語は、以前から日程に組み込み済みだったのかな
 フィリピンの事情に詳しい方のお話によると、もう数年も前からフィリピンでは、看護学校へ入学してくる医師が増加し始めていたそうです。医師が看護師になるというのは、その方が海外で働くときに規制が緩やかだからだそうです。
続きを読む >>
看護学と国際化13:53comments(1)trackbacks(3)