[PR] ペット販売 ある“遅咲き”男の看護学
● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●リンク
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

05
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< | 2 / 66 pages | >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
「専門職の人件費を減らす」とは

専門職の専門性を尊重するということは、いわゆる“みんな平等だ”という考えは後退するものだと思います。もしも本当に“みんな平等”なら、専門職は成り立ちません。専門性のある世の中とは、不平等な世の中なのです。人件費についてもそうです。でもこの記事では「経営改善へ職員手当削減」と一言にまとめて書いてあります。

そうすると一般的には、専門職とはどういうものだと考えられているのでしょうか?

医療を国家統制における福祉と考えるにせよ、自由主義におけるサービス業と考えるにせよ、専門職の参加が不可避であることに変わりありません。専門職とは、さしあたってその人にしかできない作業をする人のことです。医療においては、少なくとも医師がそうだし、限りある医療資源をより有効に活用すべきであれば、看護師などもそうなります。
続きを読む >>
看護師の専門性17:13comments(0)trackbacks(402)
tape
【のんびり】“性教育実践”の報告会を見てきた【発表会】
今日は県内でこの実践に関係した保健所保健師や高等学校の教員を招いて、学校で報告会が行われるということで、見てきました。県内の高校生に対する性教育の問題については、以前にこのブログで触れたことがあります。“性教育実践”というのは、本学の看護教員が県の事業の委託を受けて、今年度から性教育のための“ピアカウンセリング”を行ってきた実践を指すようです。午後1時30分から4時30分まで、10分間の休憩を挟んでみっちり見てきました。

私は研究発表会のようなものを想像していたのですが、見たところ、実際は純粋な実践報告会でした。“こういう経緯でこうなって、こうなって、、、”という話がずーっと続いたのです。私が期待していた、理念的な話はほとんどゼロでした。これは非常に残念なことですが、実際に見て分かったことなので仕方ないです。
続きを読む >>
看護師の専門性17:42comments(2)trackbacks(297)
tape
【そんな】看護実習に期待かけすぎ!【無茶な】
“人工呼吸、心臓マッサージ、止血など救急救命術や注射などを「1人でできる卒業生が20%未満」という看護学校が半分を超えた”のだそうです。この記事は、看護実習の現実とかけ離れたマスコミの認識が身近に迫っていることを実感させてくれます。身に迫る恐怖ですかね。嫌な感じです。

看護実習では、学生は患者に浸襲性のある行為はほとんどできないのです。知りませんでしたか?それは患者が嫌うからです。そして患者が嫌うであろうことを、現場が先回りして考えるからです。だから看護実習では、実習生は浸襲性のある行為は基本的にぜんぜんできません。そんな、現場では当たり前のことが、マスコミには分かっていないのでしょうか。取材する手間が惜しいのかな。読売新聞は医療に強いんじゃなかったのかな。
続きを読む >>
看護師の専門性22:34comments(1)trackbacks(11)
tape
潜在看護師を職場に戻す動き
グーグルニュースをちらっと見渡したところ、滋賀県、北海道、福井県で同じような活動をやっていることに気づいたので、ちょっと気になりました。潜在看護師に講習を行って、職場に戻そうという動きは、以前にクローズアップ現代で紹介されていました。そのときは静岡県の話でした。そういう動きもあって、切羽詰っていると言うか、先進的な活動である、みたいな紹介だった気がします。

すると、今度は一気に全国的にやろうということになったのでしょうね。そういうことでないと、この横並び的な動きは説明がつきません。ただニュースを見るだけだと、この横並びは気持ち悪い気すらします。
続きを読む >>
| - | 01:36comments(0)trackbacks(312)
tape
SEX WORKER の概念も違う可能性が高い
障害者向けデリヘルについて考えた流れで、ある記事に注目しました。「ドイツにある売春宿では、年金受給者の利用者数を増やすため、対象者の午後の料金を半額にするサービスを開始した。」ということです。記事に出ている「Pascha」というお店は、調べてみると世界的に有名なようです。ホームページを見ると、ドイツ各地のお店が出てきます。7ヶ国語から選んで見ることができますが、日本語がないところを見ると、日本人はあまり上客になっていないということでしょうか。

このお店は、記事では「売春宿」と書かれています。でも日本語の響きとは違って、お店と言うよりは会社、しかも上場企業のようです。(ザルツブルグ、ミュンヘン、ドレスデンにお店があるみたいですね。なんかすごい!)つまり、少なくともドイツでは、日本で言うところの売春行為がちゃんとした職業になっているということです。売春どころか、管理売春までも職業になっているかもしれません。
続きを読む >>
| - | 16:26comments(1)trackbacks(281)
tape
障害者向けデリヘルに関する朝日新聞の記事
朝日新聞に出ているこの記事をはじめて読んだときは、けっこうな衝撃を受けた気がします。とうとう朝日に出たか。しかも「障害者の性の悩み解消」と来たか。。。そんな最初の印象です。これって、はっきりとは書いてないけど、要するにデリヘルですよね?違いますかね?

さて、障害者向けの風俗営業に関しては、すでに私が本学に入学して以来、ちょっとした知識の蓄積があります。今では全国にちらほら、障害者向け、あるいは障害者および高齢者向けと看板を掲げるお店が出ています。しかしこれは、あくまで営業です。風俗営業です。大人の、男性のための、密やかで、お金がかかる、ちょっと後ろめたい遊びなのです。法律や倫理にも触れる可能性がある、だからこそ節度を持って扱う必要のある、ちょっと危ない大人の遊び。。。そういったものです。
続きを読む >>
| - | 21:10comments(0)trackbacks(104)
tape
医療を自由化すれば暴力対策も必然
中国の医療が事実上は自由主義になっているということは、たぶん有名だと思います。で、救急をはじめとして急性期の現場になるほど、患者とのトラブルが多くなっているということも、有名だと思います。そうでもないかな。

たとえば、「Docs forced to don hard hats in China」という記事には、「Beijing - Doctors and nurses at a Chinese hospital have taken to wearing hard hats on their rounds after coming under attack from relatives seeking compensation over a patient's death, newspapers reported on Tuesday.」なんてことが書いてあります。
続きを読む >>
看護師の専門性13:59comments(0)trackbacks(43)
tape
“嫌なら辞めろ委員会”と看護と看護学
“嫌なら辞めろ委員会”とは、2ちゃんねるで有名な、医療崩壊促進活動の総称です。ちょっと検索しても定義は決まってなかったようなので、私が勝手にそう決めました。この人たちの決まり文句は大筋で決まっています。「嫌なら辞めろ。代わりはいくらでもいる。」です。この台詞の背景にある考え方は、恐らく今流行の新自由主義が見事にも開花した状況だと思われます。

新自由主義が名実ともに現実化した社会であれば、確かに「代わりはいくらでもいる」と言えます。というのも、医師になるのも本当に個人の自由になるからです。この辺り、勘違いしている人が多いと思います。今でも既に、医師になるのは個人の自由だと思っている人が多いのでしょう。だからこそ、“嫌なら辞めろ委員会”が流行るのです。一方で、そのような活動が“委員会活動”として嫌がられるのは、今の日本社会が現実には、新自由主義が掲げるほどの自由社会になっていないからです。
続きを読む >>
看護師の専門性13:43comments(2)trackbacks(10)
tape
情報をどこで手に入れるか
昨日は久々に同級生の皆さんと一緒に水餃子を包んで楽しみました。今日は学校には行かず、家の用事などしながら過ごしています。それで久々に昼からNHK-BSを見ていたら、いつものようにアメリカABCニュースをやっていました。

アメリカでは、やはり最近の民主党の躍進が影響しているのでしょうか、医療関連の話題が結構大きく取り扱われていますね。今回は民主党は関係ないのかな、一つはイラクで負傷した帰還兵の中に、確かTBIとかいう脳損傷を見落とされて苦労している人が多いという話、もう一つは、治療用薬剤の承認基準が大人の処方量だけを元にしているために、子供への処方に対する基準がなくて危険だという話でした。
続きを読む >>
| - | 17:23comments(0)trackbacks(14)
tape
看護学教授も不足しているのか!
「三重大(津市)が看護学専攻の大学院生3人に、2006年度前期分の授業料各17万8600円を返還したことが分かった。」とのことです。三重大学医学部と言えば何かと有名ですが、それはあくまで医師の世界の問題であって、看護は関係ないと私は素朴に思っていました。しかし実際は看護も関係あるのかもしれません。

今、世間ではようやく医師不足問題が表面化しています。私もこれに興味を持って、2004年の入学以来ずーーーっと追ってきました。でもここにきて実習があったり、変化速度のあまりの速さなどから、これは興味を持っていても看護研究にはならないかもなー、などと思い始めていました。
続きを読む >>
| - | 11:59comments(4)trackbacks(21)