[PR] ペット販売 看護計画を退院計画と言い換えても良いのでは | ある“遅咲き”男の看護学
● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●リンク
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

08
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 労働基準法に照らせば病棟は違法の巣窟TOPページ看護連盟の不思議 >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
看護計画を退院計画と言い換えても良いのでは
今度の医学界新聞に、京都大学の退院調整看護師の話が出ていて、とても興味を惹かれました。いつか昔、学校でDISCHARGEPLANについて学んだ覚えがありますが、あれを日本語に直せば退院計画であり、この実践の中心となるのが退院調整看護師ということなんでしょうか。私はそう理解しましたが。
 退院調整というのは、理屈の上では簡単なことなのですが、実際にやってみると難しいというのも、実際に現場に出た今になってよく分かります。医学界新聞に出ている京都大学の看護師のお話のとおり、患者が思う退院のイメージと、医療者が思うそれとが同じではないからです。しかしこれって、ただ客観的に考えるところでは、当たり前なのです。少なくとも私はそうでした。当たり前だから、あまりまじめに考えてこなかったのです。
 しかし現実にぶち当たり始めてかからは違います。いろんな意味で、退院させたいのは山々だが、現実にはそれができない患者さんって、いるんですね。それは看護計画が、いや治療計画の全体が、退院計画と同義でなかったことが原因であると解釈できるのではないか。そうすることから、解決を目指して行けるのではないかと思っていたところです。そういうところで出会ったこの記事でした。

現場に出始めて、リアリティショックをとりあえずかわして一息ついたところで、眼からうろこの記事に出会うことが多くなりました。しかし身の回りの現実はそれに追いついてはいません。これをどうするかです。

さあ、どうなりますか。
| - | 20:44comments(0)trackbacks(7)
tape
スポンサーサイト
| - | 20:44 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
http://woaini.jugem.jp/trackback/665
インプラントの認定医
インプラントの認定医や専門医についての情報や注目のコンテンツを紹介しています。いろんな知識や情報を学べる、役立つ情報を目指しております。
| インプラント情報ナビ | 2009/05/19 12:35 AM |
エロコスすぎたー!!!!!
コスプレでセクロスしたのは生まれて初めての経験だたよ(*´Д`)ハァハァ コスプレだけでも萌えるのに女が激カワ!!萌え度400%超えちゃったよwwwwwwww 次は二人で一緒にやるかわりに報酬は2倍だとさww喜んでやるよ(*^ー゜)b http://pinkpag.net/kosupur
| ほっしー | 2008/06/20 1:38 PM |
ナスwwwwwwww
女の子のオ●ニーをじっくり見たのはじめて(;゜∀゜)=3 彼女いわくオ●ニーにも前戯があるらしく、最初はナスビ入れてたよwwww やっとバイブ使ったと思ったら一瞬で死ぬほど潮吹いてるしΣ(´Д` )ナンジャソリャ 見てるだけで6マンはウマかったわぁ(゜Д゜)y
| マサマサ | 2008/06/13 7:31 PM |
日帰り旅行
日本各地の日帰り旅行・温泉・ドライブ・キャンプ情報です。旅のお供にご利用ください。
| 全国日帰り情報 | 2008/06/09 2:19 PM |
インプラント
インプラント表面本体は骨と結合するためにヤスリのような粗目になっています。しかし、その結合がはがれ、炎症によって骨が逃げていき、粗目には最近が入り込みバイオフィルムが形成されてしまうともう除去は困難になってきます。そうでなくても、インプラントはネジ状
| インプラント | 2008/05/30 12:48 PM |
インプラント
インプラントは人工物ですからそれ自体は虫歯になることはありません。しかしながら、虫歯対策用の磨き方にはそれほどの配慮がいらないのも事実です。
| インプラント | 2008/05/30 11:54 AM |
目の老化予防
高齢化がますます進み、予防医学の大切さが医療関係者だけでなく一般の人の間でも認識される世の中になってきています。人間は誰でも年をとり、加齢にともなってからだのあちこちが弱くなり、もろくなり、若かった頃のようには動かせなくなってきます。それは仕方のない
| 医療の最新情報 | 2008/05/30 6:21 AM |