[PR] ペット販売 “嫌なら辞めろ委員会”と看護と看護学 | ある“遅咲き”男の看護学
● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●リンク
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

05
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 情報をどこで手に入れるかTOPページ医療を自由化すれば暴力対策も必然 >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
“嫌なら辞めろ委員会”と看護と看護学
“嫌なら辞めろ委員会”とは、2ちゃんねるで有名な、医療崩壊促進活動の総称です。ちょっと検索しても定義は決まってなかったようなので、私が勝手にそう決めました。この人たちの決まり文句は大筋で決まっています。「嫌なら辞めろ。代わりはいくらでもいる。」です。この台詞の背景にある考え方は、恐らく今流行の新自由主義が見事にも開花した状況だと思われます。

新自由主義が名実ともに現実化した社会であれば、確かに「代わりはいくらでもいる」と言えます。というのも、医師になるのも本当に個人の自由になるからです。この辺り、勘違いしている人が多いと思います。今でも既に、医師になるのは個人の自由だと思っている人が多いのでしょう。だからこそ、“嫌なら辞めろ委員会”が流行るのです。一方で、そのような活動が“委員会活動”として嫌がられるのは、今の日本社会が現実には、新自由主義が掲げるほどの自由社会になっていないからです。
今の日本社会は、“自由”を理想に掲げていますが、現実にはいろいろ規制をかけています。その代表例が“医師になること”です。医師になるまでの道のりには、高卒という資格があり、大学への入学試験があり、卒業があり、国家試験があり、そこにたどり着くまでのお金や時間や体力の問題があります。誰でもいつでも自由に“私は医師です”と名乗って仕事をして良いわけではないのです。

この社会的規制が、当たり前すぎて考えに入らない人が多いのだと感じます。「そんなの当たり前です」と思ったら、それ以上は考えることがない人たちが増えすぎて、“嫌なら辞めろ委員会”が目だって嫌がられる状況になったのです。今の日本では、医師は実際には、そう簡単に“代わりはいくらでもいる”と言えるような職種ではないのです。

なぜ“自由を理想とする”日本社会で、実際には規制がかかっているのか。それにはいくつかの理由があります。普通の人なら“当たり前”で済ませる部分です。でも実はぜんぜん“当たり前”ではなくて、特に今の阿部政権の前、小泉政権において以降は、非常に重要な問題になっていると思います。というのも、今の日本には“誰でも医師になれる”は極端としても、少なくとも“今より医師になりやすい”世の中が実現したら、“効率的な医療が実践できなくて医療費が増えて困る”という考えに基づく政策があるからです。だからこそ医師の総数は制限されていて、それなりに“医師になりにくい”世の中になっているのです。

“医師が増えれば医療費総額が増える”という考え方が今の日本にはあります。しかし意外にそのことが一般社会の視点から見えてないのでは?と私は最近思うようになりました。

・・・そういう話がまずある、と。ここまでは前振りです。“医師になりにくい日本社会”を政策で作っているのに、“そこに気づかないで自己中心的に攻めて来る人たち”、というアンバランスな現実があると言いたかったのです。

社会的な規制は、ただ制度としてあるだけではありません。制度として明記すると“自由”や“民主主義”の理想に反するので、そこまではっきりさせない。でも事実上の規制をかける、ということもよくあります。そういうことも、偉い人たちには可能なのです。

たとえば、今雇われて働いている人が「今の仕事を辞めるのは自由で、次の仕事を探せばいいだけだ」、というのは建前です。現実には、今の仕事を辞めると、年金や退職金でものすごく損をするし、次の仕事を探すときに年齢制限で引っかかる可能性が高かったりします。こういうのは事実上の規制です。だからアメリカやカナダでは履歴書に性別や年齢を書くことはありえなかったりします。年功序列もアメリカやカナダでは聞きませんよね。

日本は、“自由”や“民主主義”という理想について、アメリカやカナダと同じ価値観を持っているように見えますが、実際にはかなり違う、ということです。けっこう規制が強いのです。それを知らないか、知っていても知らない振りをする人が“嫌なら辞めろ”と言う。見せ掛けとしては“自由な国だ”と言っても、中身は“俺の言うとおりにやれ”と言える立場の人たちがいっぱいいて、そういうことを言える人たちにとっては、今の日本社会はさぞ居心地が良いのでしょう。

つまり“嫌なら辞めろ委員会”というのは、既得権を守りたい人たちなんでしょうね。やってて実は逆効果とだと思うけど。

“嫌なら辞めろ委員会”の活動は、日本では医師に対してだけではなくて、それ以外のあらゆることに対してもよく行われます。しかし、医師に対する活動が効果的でないのと同じで、この活動は、どこでやっもほとんど意味がないと思います。今の日本社会は、それほど新自由主義が開花していませんから。まだ抵抗勢力がいっぱいいますし。委員会そのものが抵抗勢力みたいだし。

まだ今の日本社会は、それほど情報公開も進んでいないし、情報の非対称性は解消されないし、セーフティーネットもぜんぜん足りていません。そんな規制だらけの状況なのに、“それを選んだのは自分自身だから自分で責任を取れ”というのは、新自由主義の考え方とは違うのではないかと私は理解しています。

“自分で選んだのだから自分で責任を取れ”という発言の仕方は、今の日本社会では、なかなかできないと私は考えます。というか、ほとんどできないと思います。少なくとも、私はしない。それほど今の日本社会は、みんな、何でも自由に選び取れるような世の中ではないと思います。みんな、選んだと言うよりは、流された部分が大きいのだと思います。

これは思想の問題なのかな。

看護学を学ぶ者としてもまた、この問題は重要だと思います。看護学にはそれ独自の人間観というものがありますが、それを今の日本社会でどのように表現するべきか。そういう議論がぜんぜん行われていません。既成の日本的1940年体制でいくのか、新自由主義に合わせるのか。国民皆保険とユニバーサルサービスを背景とするのか、個々人の契約に基づく思想を背景とするのか。技術か、科学か。職業訓練か、学問か。こういうことって、それぞれに矛盾があるから、ちゃんと議論して結論を出さないといけないですよ。本当は。素朴に“あれもこれも”だと言ってれば済むということではないです。少なくとも学問的には。

。。。でも、そういうことを全部すっとばして、ただ看護教員だけやっている人が、肩書きは教授だったりするのは、やっぱり私にとってはストレスが強いです。こういう人たちは、看護と看護学の区別もついていないのでしょう。こういう現実が日本社会にはあります。

私は体力的だけでなく、精神的にもしんどいです。こういうことが予め情報公開されていたり、少なくとも調べたらすぐ分かる状況であったら、私は看護学をあえて学ぼうと考えなかったかもしれません。だからそんな風にやっぱり、今の日本社会は、それほど自由ではないのです。
看護師の専門性13:43comments(2)trackbacks(10)
tape
スポンサーサイト
| - | 13:43 | - | - |
tape
>少なくとも
>
>>つまり“嫌なら辞めろ委員会”というのは、
>>既得権を守りたい人たちなんでしょうね。
>
>の部分は違うと思いますよ。

あらら、そうだったんですか。いやー私は軽く考えていたのかな、どうもこの“委員会”の主張というのは、これまで空気のように普通だった既得権益(ただし権利の部分だけ。。。)に、とうとう目覚め始めた庶民の雄叫びのように聞こえていたのです。しかし確かに私は、何か別々の二つの文脈を混ぜている感じはしますね。。。よく思い出せませんが、反省です。

ということで、もう一度考えて見ますので、よろしかったらご解説をいただけませんでしょうか。「違いますよ」と解説抜きに言われただけでは、それはそれで結構なストレスで、せっかくご心配頂いているのに逆効果なのです。いやまじで。
| woaini | 2007/03/14 1:46 PM |

少なくとも

>つまり“嫌なら辞めろ委員会”というのは、
>既得権を守りたい人たちなんでしょうね。

の部分は違うと思いますよ。

よって,それ以外の箇所で前提となっている認識も
ちょっとずれているかと

大分お疲れの様子ですので,すこし休まれたほうがよいように
感じます
| 乱文失礼します | 2007/03/13 2:33 PM |








※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
http://woaini.jugem.jp/trackback/650
占い師のグラフィティ 08-08-08
こんにちは。 天津です。 今日はあるセレブな奥様の身勝手なお話です すでに定年退職した夫は大変妻想いで 一昨年二人で世界一周の船旅を...
| 占い師のグラフィティ | 2008/08/10 7:51 PM |
浴衣プレイキタ━━━(゜∀゜)━━━!!!!
夏といえば浴衣(`・ω・´) あえて浴衣は脱がさずにハメたよw はだけた浴衣からチラ見するアワビ(笑)がずっとよだれ垂れ流してました( ゚д゚)ポカーン 今月は浴衣女強化月間でやっていきますwwwwwwwwwww http://OKmOhxIA.fe7a4.net/MdhcTPgf.html
| もんぺ | 2008/08/09 4:56 PM |
占い師のグラフィティ 08-08-06
こんにちは。 天津です。 今日のプロローグは私の所へ来なくなって久しい一人のお客のことです 彼女はお茶の先生として悠々自適の生活を送...
| 占い師のグラフィティ | 2008/08/07 10:12 PM |
占い師のグラフィティ 08-08-03
暑中お見舞い申し上げます こんにちは。 天津です。 今年も「かもめーる」を50枚ほど書いて投函してきました ホームページやブログに書く...
| 占い師のグラフィティ | 2008/08/04 8:02 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/04 5:29 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/14 10:56 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/14 6:06 AM |
家具屋埼玉
家具屋埼玉に関する情報のご案内です
| 家具屋埼玉情報 | 2007/03/13 4:27 PM |
家具アウトレットget
家具アウトレットgetの情報のご案内です。
| 家具アウトレットget紹介 | 2007/03/13 2:41 PM |
カナダ グース
カナダグースは1957年にトロントで創業したガーメントファクトリーによる製品で、今もなおメイドインカナダであり続けているブランドです。カナダグースの製品は、カナダ北部やシベリア、アラスカといった極寒地で生活する人々や、南極探検隊、エベレスト登山隊などのプ
| カナダ グース | 2007/03/13 2:33 PM |