[PR] ペット販売 外国人医師・看護師、就労年数の制限撤廃へ | ある“遅咲き”男の看護学
● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●リンク
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

05
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 「組織の問題」と「個人の問題」TOPページ医師と看護師の役割逆転? >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
外国人医師・看護師、就労年数の制限撤廃へ
規定路線ではありますが、面白い話になってきましたね。看護系大学は増える一方ですから、外国人学生は、大学にとって一つの市場にもなり得ます。
しかし、日本の大学は授業料がとてつもなく高いので、外国人から選ばれる可能性は、何か一工夫入れない限りは、非常に低いはずです。看護師を雇う立場から、何らかの奨学金か何かを注入するということでしょうか。そんなこと可能かな。と同時に、学校側のコストも十分に削減するとか。まあ、看護大学とか言いながら、正真正銘の専門学校状態になるんでしょうけどね。

外国語で教える機会が増えるのであれば、私にとっては興味深い部分もあります。

===以下新聞記事===

外国人医師・看護師、就労年数の制限撤廃へ

 法務省は7日、専門的技術を持った外国人労働者の受け入れ拡大策の一環として、日本の国家資格を持つ外国人医師、看護師に対し、日本での就労年数制限を撤廃する方針を決めた。

 出入国管理・難民認定法の法務省令を今年度中に改正し、医師の場合は医大や歯科大の卒業後6年以内、看護師の場合は大学等の卒業後4年以内、それぞれ研修目的での就労を認めている規定を削除する。

 これまで、同省は外国人による日本での医療・看護技術習得を「国際協力の一環」と位置づけ、臨床・専門研修期間に限って就労を認めてきた。しかし、日本人と同じ条件で国家資格を取得した外国人医師・看護師の医療技術水準は、他の日本人医師・看護師と差がないことから、制限そのものを撤廃することにした。

 2003年末現在で「医療」の在留資格で日本に滞在している外国人医師・看護師は110人で、04年の新規入国者も1人と少ない。

 ただ、今後は日本の国家資格を取得すれば帰国を前提とせずに働けることから、就労目的の来日が増える可能性がある。
(2005/5/8/10:25 読売新聞 無断転載禁止)

http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050508i102.htm
看護学と国際化23:23comments(0)trackbacks(1)
tape
スポンサーサイト
| - | 23:23 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
http://woaini.jugem.jp/trackback/312
看護師の国際化
フラスコのいる大学は看護師さんも輩出しています。 最近の看護系大学の新設ラッシュで、教員の数が足りないんで、質も比例するように低下しているというのは業界の常識だそうです。 そして、大学が増えたことで、学生のレベルも平均的に低下します。まあ、そうですね
| 大学教員の日常・非日常 | 2005/08/13 9:43 PM |