[PR] ペット販売 仏教を通じた看護に興味がある | ある“遅咲き”男の看護学
● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●リンク
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

05
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 今後しばらく、韓国は相当やばいTOPページ「指導できない」と言ってしまえば、やっぱり圧力か >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
仏教を通じた看護に興味がある
看護は普通はキリスト教が中心ですから。西洋式の看護学はそうなります。それを日本的に味付けしようと思ったら、仏教は面白いと思います。
私の興味としては、日本式というところが大事なので、仏教が中心というわけではないです。仏教といっても色々あるし、教義を突き詰めていくと、これまたいろいろあります。そういうのは、あまり庶民とは関係ないわけです。でも、看護をの視点から専門的に考えてみると、分かることもたくさんありそうです。今やっている中国語を、そっちの方面でも生かせないかな。

ビハーラという言葉の響きもいいですね。

===以下新聞記事===

僧侶ら中心に開設、南区に新特養
4月オープン ユニットケアも


 京都市南区吉祥院で4月、特別養護老人「ビハーラ十条」Tel:075(661)4501が開設される。浄土真宗本願寺派の僧侶たちが中心となって作った施設で、関係者は「お年寄りの心に寄り添い、安らげる場所にしたい」と話している。

 同派の僧侶らの呼びかけで設立された社会福祉法人「十条龍谷会」(理事長・友久久雄龍谷大教授)が運営。建物は鉄筋コンクリート4階建て(約5500平方メートル)で、定員100人の特養施設に短期入所施設を併設した。総事業費14億2900万円。
 特養は、10−8人を1つの生活単位として台所などを共有し、全室個室によるユニットケアを導入する。また、仏教を通して終末期医療や看護を行う「ビハーラ活動」の実践の場として、ボランティアが活躍する機会も設ける。3月26日に完成を祝う式典が行われる。

http://www.kyoto-np.co.jp/
article.php?mid=P2005032300230&genre=K1&area=K1G
看護師の専門性00:08comments(9)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 00:08 | - | - |
tape
この施設、今はどうなっているのでしょうか?
最初のコメントに出てきているT氏も今はいないようですし、
実際どのくらい仏教というか真宗のビハーラ活動はなされているのでしょうか?
| takanaka | 2011/10/30 6:15 PM |

ビハーラ十条に働いていた、元職員です。ゴタゴタがありますね〜このゴタゴタは言えませんけどね。話にならない管理職も居ますよ。
| ハニー | 2008/05/01 3:51 PM |

どもども、いのうえさん。お元気でしょうか。仏教看護にもいくつかの流派はあるようですけど、いずれにせよアメリカ式や日本式のコテコテの看護とは、ちょっと背景にある考え方が違いますからねー。日本の場合は、お医者さんに対する発言権がどれくらいあるかによって、仏教看護の実効性が決まってくるように思います。しかし、いのうえさんのお勤め先には、そういう実践を目指す病棟もあるのですね。うらやましいです。
| woaini | 2006/02/18 10:27 PM |

あ、先ほどのコメント、名前書くの忘れました。お久しぶりのいのうえです。
| | 2006/02/18 9:53 PM |

こんにちは
私はビハーラ病棟がある病院に勤めていますが、職員さんの話を聞くと設立当初に目指した「仏教看護」はなかなか実践できてないようですし、看護職員の全てに仏教の勉強しろってわけにもいかないわけで、坊さんが常駐してて相談に乗ってくれて、朝晩お勤めのある緩和ケア病棟、って感じですかね、現状は。
それでも取り組みとしては興味深いし、ぜひ勤務してみたいとは思ってます。
| | 2006/02/18 9:51 PM |

告発調の書き込みが続きますけど、こういう類の話には、やっぱし根拠を付けておいた方が読みやすいと思いますよ。読む立場からは、単なる悪口とは読みたくないんですけど、根拠がない場合は、単なる悪口としか読めない感じもしますからね。よろしくご配慮をお願いします。
| woaini | 2006/02/11 1:55 PM |

ボクは元ビハーラの職員をしていました。僕はそこで恋をしました。その時からビハーラに対しての不満はかなりあり、あの子に出会っていなければ、即辞めの状態でした。まぁ今は辞めてしまってますが、管理職の皆様を全員しばいてまわってやろうと思うくらい最低でした。これから入居予定のご家族様や入社or面接に行かれる方は絶対止めたほうがええばい・・
| セバスチャン | 2006/02/09 12:48 PM |

かなり具体的なご指摘ですね。
確固たる証拠と意思がおありなら、しかるべき役所などに申し出るべきだという気がします。方法論の問題なら議論すればいいし、犯罪の匂いがするなら訴えればいいと思います。しかし、もうお辞めになったというのは残念です。辞職してしまうと、もうできない手段もあるみたいですしね。でも、今でも腹が立つようなら、まったく何もしない手もないですよね。
| woaini | 2006/01/16 4:31 AM |

 だいぶ昔の頁にコメントしてしまい、申し訳ありません。
 
 私は、ビハーラ十条に勤務していた職員の一人です。ちなみに僧侶です。ビハーラ活動に思いを馳せて、就職しました。
 ところがこの施設は、本願寺や龍谷大学の直営のように見せかけながら、実は蔵建築設計事務所というところが融資をしており、「お金を出したところが一番!!」と、ビハーラ活動などできる環境にありません。理事長は僧侶であり、管理医師も兼ねていますが、週に二回程度、一時間〜二時間弱で帰ります。精神科医加算も取りながら、ご利用者の話に耳を傾けることもなく、毎回タクシー代の領収書はしっかり持ってこられます。
 いらない職員は平気で解雇し、管理職は管理機能どころか、福祉に関する知識さえない。今のビハーラ十条とはそんなところです。ビハーラ活動をなさっているかたの中には、すばらしい方もいらっしゃいます。ただ、この施設に関しては、机上の空論であり、こんな施設が建ってしまったばかりに苦しんでいるお年よりや職員が多数いるということをお伝えしたく、コメントさせていただきました。申し訳ありません。
| halsoul | 2006/01/12 3:01 PM |








※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
http://woaini.jugem.jp/trackback/274