[PR] ペット販売 長野の小西先生がご退官 | ある“遅咲き”男の看護学
● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●リンク
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

12
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< より広いコミュニケーションを求めてTOPページ「掲示してあるからいいでしょう」という教育の表れ >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
長野の小西先生がご退官
 この先生のお名前には、なんか覚えがありました。で、調べてみたら、2004年11月11日の記事で取り上げていました。
 看護の国際性って、とても興味ある分野です。世界中で看護は全然違うでしょうからね。コアの部分が同じだとすら言い切れないでしょう。それだけ看護は文化を背負うものです。

 だったら NURSING を 看護 と翻訳して疑わないのはおかしくない?という疑問もあると思います。私自身そう思うし。例えばアメリカの日本の制度だけを比べても、全然違うとしか言いようがないです。

 私はそのあたりをこれから実践的に研究したいとは思ってます。この先生はサモアや英語圏と関係があったようですが、私は台湾と中国語圏をフィールドに。でもそれって、日ごろの臨床の役には立ちそうにないですもんね。だからちょっと、どうしたものかなあ、とも考えます。

 それにしてもこの記事、最後のほうに注目ですよ。もしかしたら私はこの先生にご縁があるのかも知れません。すごいことになったりして!

===以下新聞記事===

名物教授が惜しまれ退官へ 小西県看大教授

 バイタリティーあふれる明るい人柄で、「名物教授」として大勢の教え子たちに親しまれた県看護大学(駒ケ根市)の小西恵美子教授(65)=生活援助学=が、今年度末で定年退官する。四日には、「生活エンジョイ論04―『理解』から発信へ―』と題した最終講義が学内講堂で行われる。
 小西教授は松本市出身で、東京大学医学部衛生看護学科を卒業。東京大学原子力研究総合センター助手などを経て、一九九五年四月の同大開学と同時に、大学先輩の見藤隆子前学長に請われて教授に就任した。
 以後、精力的な学生指導や研究を通して同大の土台作りに尽力。さらに、同大看護実践国際研究センター(二〇〇二年設立)でも先頭に立って活動。同大での異文化看護国際研究集会(〇三年)の成功や、国立サモア大学と米国UCSF(州立カリフォルニア大学サンフランシスコ校)の看護学部との相互協力に関する協定締結などに功績を残した。
 今年度までの十年間に、指導した学生は約九百人。「いい教え子たちに恵まれた。教えることで私も多くを学ばせてもらった」と振り返り、「私の講義から看護への熱いメッセージを受け取ってもらえたなら、それ以上の幸せはない」と話している。
 四月からは大分県に住まいを移して、後進の看護職者の育成に努める予定。同大の関係者や教え子たちは、別れを惜しみながら、新天地での活躍にエールを送っている。
(社会)記事ID[50]

(2005年2月4日掲載)

http://www.nagano-np.co.jp/
cgi-bin/kijihyouji.cgi?ida=200502&idb=50
看護学と国際化03:28comments(2)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 03:28 | - | - |
tape
つぼさん、長野にも足を伸ばしてるんですか。すごい行動的ですねえ!関東から近いのかな。ちょっと感覚が分からん^^;。
| woaini | 2005/02/05 8:16 PM |

え。。。
小西教授退官!
見藤さんも去年おやめになったし…
長野県看護大学、ずいぶん おとなしくなるイメージ。。。

俺の中で、サモアとの国際看護って、けっこう面白い授業だなぁって思っていたんだけどなぁ
確か、サモアに行く年と来る年っていうので交換留学していたはず。。。

飯田女子短期大学の仏教看護。
諏訪中央病院。
も大人しくなってきたイメージだし…

長野県の医療の魅力は
前代のものになってしまうのかなぁ?

(って、ただ俺が飽きただけ?(笑))

あ。。。毎年、長野県看護大学には行っているのに…
今年、信州大学には行っても、駒ヶ根まで足伸ばしていない(--;

注意)僕は、長野に生息したことないのでご注意を!

はい。
意見っていうか、ただのコメントです。
つぼ | 2005/02/05 4:37 AM |








※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
http://woaini.jugem.jp/trackback/223